食の専門家

EXPO 専門家 コラム一覧 鍋つゆのオリジナル(PB・OEM)商品を開発するポイントと委託製造工場紹介


鍋つゆのオリジナル(PB・OEM)商品を開発するポイントと委託製造工場紹介

2017/01/13


鍋つゆのPB・OEM・オリジナル食品を製造したい企業様向けの情報です。


外食企業(居酒屋、ホテル、旅館、料亭など)、通販会社、量販店などに商品を供給している製造工場をご紹介しています。

 

 

 自社のオリジナル商品を作りたい!

 お店のメニューをレトルト食品にして通販で販売したい!

 などのご要望がクラウドフードに多く寄せられています。

 

 そこで、今回はPBやOEMでオリジナル鍋つゆの製造を

 委託する工場を選ぶ際のポイントをいくつかご案内いたします。

 

 

【オリジナル商品製造の流れ】

 

 初めに、オリジナル鍋つゆの開発・製造までの流れを

 簡単にご紹介します。

 

 

 1、打合せ

 

まずはどんな鍋つゆにしたいか味のイメージを伝えることが大事です。

イメージに近い商品があれば商品名も伝えましょう。

既にレシピがある場合は、製造工場にレシピを渡します。

※レシピ公開の際は、製造工場と守秘義務契約を結びます。

 

内容量・形態・流通などの商品規格についても打合せをします。

 

 2、試作を依頼

 

 3、味見・評価

 

 4、再試作

 

 5、最終の味チェック

 

 6、味決定

 

 7、パッケージ・詳細を決める

 

   ラベルのデザインや賞味期限など詳細を決めます。

 

 8、商品製造

 

   一括表示や菌検査なども工場で行い、安心・安全です。

 

 9、納品

 

 

【オリジナル商品を委託する際のポイント】

 

 オリジナルの鍋つゆを作りたい!

 外食店舗で提供している鍋の味を、通販で販売したい!

 PB・OEM商品の委託は初めてで、何から始めて良いか分からない!

 そんな方の為に製造工場を探す前のポイントをご紹介いたします。

 

 

 ■売り場のイメージを決めておく

 

  まずは、商品イメージをハッキリと決めることが大切です。

  ご依頼いただく案件の8割くらいは、最終商品のイメージがない状態です。

  「外食の店舗展開の為、業務用の鍋スープで味を統一したい」

  「市販用だが、和風は多いので洋風(トマト鍋など)にしたい」

  など、どんな商品をどんな売り場で売りたいのかを

  ある程度決めておくと、工場の選定がスムーズに進みます。

 

  「こんな感じにしたい!」という写真や現物があれば、イメージを

  共有できて希望の商品に近づけることができます。

 

 

 ■どんな容器形態で作りたいのか?

 

  商品の形態をイメージしておくことは工場選びにとても大切です。

 

  鍋つゆの容器には、レトルトパウチ・瓶・ペットボトル・小袋などが

  ありますが、それぞれの食品工場には得意な容器形態があります。

  「ペットボトルは作れるけど、小袋は作れない」など、工場が

  持っている機械の特性で製造できるものとできないものが決まります。

  容器形態を決めておくと、「弊社では小袋の充填は可能ですか?」

  などと質問ができることで、食品工場との話がスムーズに進みます。

 

  業務用鍋つゆ・・・1ℓペットボトル、1.8ℓペットボトル、小袋

  市販用鍋つゆ・・・750mlレトルトパウチ、200~500ml瓶

  など、容量も売り場や使用用途によって変わってきます。

  また、一般的に瓶の方が賞味期限が長いです。

 

  

  ★レトルトパウチ使用の際のポイント★

   レトルトのパウチにラベルデザインを印刷する場合、枚数が

   多くないと対応できない場合があります。

   例えば、鍋つゆの製造ロットは500本から可能だが、ラベル印刷は

   1000袋からの場合、500袋多く製造もしくは容器が余ってしまう。

   その為に余分なコストがかかってしまう事があるのです。

 

   解決策として、鍋つゆは無地のレトルトパウチで製造します。

   ラベルは透明のシールなどに印刷して、パウチに貼ることで

   まずは少量で製造したい!という場合のコスト削減になります。

 

 

 ■どんな味の鍋つゆにするか?

 

  鍋つゆといっても、寄せ鍋、水炊き、キムチ鍋、もつ鍋など

  一般的なスープだけでなく、現在はカレー鍋、トマト鍋、チーズ鍋、

  豆乳鍋、コラーゲン鍋などバリエーションが豊富です。

  まずは、何味の鍋つゆにするのかを決めましょう。

  肉に合うスープにするか、魚介類に合うスープにするかも

  ポイントになります。

  

  鍋つゆの場合は、ストレートタイプにするのか濃縮タイプに

  するのかも製造する際の大事なポイントとなります。

  ストレートタイプの場合、一般的に塩分が少なく日持ちしない為、

  レトルト加工が必要となります。

  しかし濃縮タイプに比べ味の再現性が高く、イメージに近い

  スープに仕上がることが多いです。

 

 

 ■販売数量はどれくらいを見込めるのか?

 

  食品工場とのやり取りには、「製造ロット」と呼ばれる言葉が必ず

  登場します。

  食品工場が持っている機械で1回に製造できる量のことを言い、

  「鍋つゆの製造ロットは500kgです」という使い方をします。

 

  「750mlのレトルトパウチで500袋くらい」というような販売数量の目安を

  持っておくと、オリジナル商品を作る際に自分に合った食品工場かを

  判断する基準になります。

 

 

 ■希望の価格はいくらくらいか?

 

  希望価格もだいたいの目安を持って、話をすることをおすすめします。

  試作品を作ってもらって見積もりを取ると、全く価格が合わずに工場を

  新たに探さないといけないとなると時間と労力のロスになります。

  

 

 ■鍋のベストシーズンは冬!

 

  鍋を食べたくなるのは、肌寒くなる冬の季節です。

  9月頃は季節的にはまだ暖かいですが、急に寒い日があると

  鍋が食べたくなるものですよね?

 

  冬にオリジナルの鍋つゆを作ろうと初めても、出来上がる頃には

  シーズンが終わっていて、せっかく美味しいスープができても

  売り上げが伸びず残念です。。。

  9月頃から販売開始できるように、春頃から委託先の工場を探し

  開発を始めるのをおすすめします。

 

 

 

***************************************************************************************

 

 鍋つゆのオリジナル(PB・OEM)商品をコーディネート希望の方はこちら

  http://www.crowdfood.jp/project/

 

***************************************************************************************

 

 

 

鍋つゆ委託加工先紹介

 

 では実際にオリジナルの鍋つゆを開発、製造できる工場、企業をご紹介していきます。

 外食店舗様、スーパーのOEM、PB商品の製造をご検討されている企業様は

 下記企業にお問い合わせください。

 

 

 

 宮島醤油株式会社(福岡営業所)

 住所:佐賀県唐津市船宮町2318番地

 TEL:0955-73-2151

 各種調味料(鍋スープ、たれ、ポン酢、ドレッシングなど)、各種加工食品、

 冷凍食品のPB・OEM生産を行っている工場。

 小ロットからの製造にも取り組んでいますので、小ロットから

 オリジナルの商品が作れます。

 多種多様の生産設備を揃え、時間・費用・能力のかかる商品開発に関して

 持ち前の高い技術力と開発力を駆使して、多様化した商品開発・製造に関する

 悩みに対応しています。

 

 ○詳細確認・お問い合わせはこちらから

 http://crowdfood.jp/pb/detail?id=20

 

 

 宮島醤油フレーバー株式会社

 

 住所:福岡県福岡市博多区古門戸町7番12号

 TEL:092-292-5550

 創業以来、食のトータルコーディネーターとして、業務用調味料(鍋だし・スープ、

 たれ、ポン酢、ドレッシングなど)から小売り用加工食品までジャンルに

 とらわれない幅広い分野での商品開発、PB・OEM生産に取り組んできた工場。

 その豊富な実績と経験をもとに、あらゆる知識を駆使し「お客様の良き

 OEMパートナー」として、「OEMに特化した専門家」として、お客様が

 求める商品を日々生み出しています。数十年間で携わった開発件数に

 裏付けられた経験と実績の蓄積が、強みの製造工場です。

 

 ○詳細確認・お問い合わせはこちらから

 http://crowdfood.jp/pb/detail?id=20

 

 

 ヤマカ醤油株式会社

ヤマカ醬油のこだわり 

 住所:山口県下関市安岡町1-丁目9-7

 TEL:083-258-0031

 業務用調味料のPB・OEM製造の事なら何でも相談できる工場。

 フルーツビネガー、ポン酢ジュレ、ドレッシング、ぽん酢、たれ、鍋つゆ、

 うに・ふぐ・くじら魚醤、醤油、醤油・味噌加工品など水産・畜産・農産向け

 各種調味料を開発・製造販売しております。

 小ロットからの委託も可能で、瓶・ペットボトルだけでなく、OEM小袋の

 相談にも対応してくれます。

 

 ○詳細確認・お問い合わせはこちらから

 http://crowdfood.jp/pb/detail?id=38

 

 

 有限会社田中醤油醸造場

 住所:山口県下関市清末中町2丁目2-22

 TEL:083-282-0012

 調味料(ぽん酢、ドレッシング)、鍋の素、たれ、スープ、レトルト食品、加工食品の

 製造を行っている工場。

 小ロットから業務用調味料のOEM、PB製造に対応しています。

 OEM調味料、OEM小袋、OEMレトルト食品製造など、要望に合わせた

 OEM・PB商品の開発製造に力を入れている工場です。

 

 ○詳細確認・お問い合わせはこちらから

 http://crowdfood.jp/pb/detail?id=13

 

 

 

 株式会社マナ

 住所:大阪府高槻市唐崎西2-22-1

 TEL:072-677-3939

 液体調味料(たれ・ぽん酢・ドレッシング)だけでなく、鍋つゆ・スープ、丼の素の

 PB・OEM商品開発・製造・販売を行っている工場。

 

 ○詳細確認・お問い合わせはこちらから

 http://www.e-manna.co.jp/

 

 

 泉万醸造株式会社

 住所:愛知県知多郡武豊町字里中78

 TEL:0569-72-0252

 たれ・ソース・ドレッシング・ぽん酢などの各種調味料、もつ鍋、火鍋、みそ鍋

 などの各種鍋用調味料レトルト食品等のOEM・PB製品を受託製造している工場。

 

 ○詳細確認・お問い合わせはこちらから

 http://izuman.jp/

 

 

 宝醤油株式会社

 住所:東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目4番1号 ヒューリック蛎殻町第二ビル3階

 TEL:03-3667-3621

 業務用調味料(たれ、醤油、鍋つゆ、ソース、ドレッシング、ぽん酢、

 粉製品等)の製造メーカーで、NB商品とともにお客様のご要望に

 沿った特注製品・OEM・PB商品を製造している工場。

 

 ○詳細確認・お問い合わせはこちらから

 http://takara-shoyu.co.jp/

 

 

 株式会社あさひパック

 住所:大阪府松原市三宅西4-745-1 

 TEL:072-334-3878

 鍋つゆ・タレ・ぽん酢・ドレッシング・醤油・ソースなど液体調味料の

 PB・OEM製造が可能な工場。

 

 ○詳細確認・お問い合わせはこちらから

 http://www.asahipack.com/

 

 

 サクラ食品工業株式会社

 住所:大阪府吹田市江坂町1丁目13番21号 江坂寺辻ビル3F

 TEL:06-6380-0681

 シロップ、鍋スープ、ドレッシング、ゼリー等の食品・調味料・デザート類

 および希釈飲料のポーション製品の受託製造・OEM・PB、

 充填・包装加工を行っている工場。

 

 ○詳細確認・お問い合わせはこちらから

 http://www.sakurasyokuhin.jp/

 

 

 キンリューフーズ株式会社

 住所:大阪府茨木市下穂積1-9-22

 TEL:072-627-4969

 焼肉たれ、ゴマだれ、ぽん酢、ドレッシング、鍋つゆ、スパイス、洋風・中華ソース等、

 タレ・調味料類の製造・販売、OEM・PB商品の製造を行っている工場。

 

 ○詳細確認・お問い合わせはこちらから

 http://www.kinryu-foods.co.jp/

 

 

 富士甚醤油株式会社

 住所:大分県臼杵市大字臼杵551番の2外6番地

 TEL:0972-63-3111

 調味料(醤油、味噌、だし、つゆ、鍋つゆ、たれ、ぽん酢、ドレッシング、焼肉のたれ、

 パスタソース等)の製造販売、受託製造を行っている工場。

 

 ○詳細確認・お問い合わせはこちらから

 http://www.fujijin.co.jp/

 

 

 松原食品株式会社

 住所:福岡市東区箱崎2丁目47番8号

 TEL:092-641-0266

 オーダーメイド調味料(だし、たれ、麺つゆ、ソース、ドレッシング、ぽん酢、

 鍋スープ、焼きそばソース、麺類スープ等)の開発・製造を行っている工場。

 

 ○詳細確認・お問い合わせはこちらから

 http://www.matsubara-foods.co.jp/index.html

 

 

 正田醤油株式会社

 住所:群馬県館林市栄町3-1

 TEL:0276-74-8100

 醤油、鍋つゆ、たれ、スープ、ドレッシング、ソース等のOEM商品の

 製造を行っている工場。

 

 ○詳細確認・お問い合わせはこちらから

 http://www.shoda.co.jp/info/index.htm

 

 

 株式会社たかた

 住所:兵庫県神戸市西区高塚台6丁目19-15

 TEL:078-997-8855

 業務用たれ(ソース、ドレッシング、鍋つゆ、西京漬用味噌)等のOEM・PB商品の

 製造を行っている工場。
 

 ○詳細確認・お問い合わせはこちらから

 http://www.takata-foods.com/

 

 

 有限会社松蔵

 住所:東京都杉並区堀ノ内2-12-13

 TEL:03-3311-8080

 たれ・鍋スープ、ソース・ドレッシングのPB・OEM開発・製造を

 行っている工場。小ロットから大ロットまで3温度帯でのあらゆる要望に

 対応している工場。

 

 ○詳細確認・お問い合わせはこちらから

 http://matsukura.co.jp/

 

 

 UNITED FOODS INTERNATIONAL株式会社

 住所:東京都千代田区猿楽町1-5-18 千代田ビル

 TEL:03-3295-7550

 食品の総合OEMメーカー。調味料、ドレッシング、惣菜、レトルト食品、

 チルド食品、冷凍食品、菓子類等の食品OEM、PB商品の開発、委託製造を

 行っている工場。

 

 ○詳細確認・お問い合わせはこちらから

 http://www.ufi.co.jp/index.html

 

 

 

 製造工場を探すのは、結婚相手を探すようなものです。

 色々と相手のことを知りながら、人間関係を取っていくのが最も重要です。

 ご自身のイメージにピッタリの工場にめぐり合うことをお祈りしたします。

 

 

 

***************************************************************************************

 

 忙しい貴方の為に代わって、鍋つゆの委託先探します!

 鍋つゆのオリジナル(PB・OEM)商品をコーディネート希望の方はこちら

  http://www.crowdfood.jp/project/

 

***************************************************************************************

 

 

 

 鍋つゆのPB・OEM・オリジナル商品が作れる!という工場を募集しています。

 掲載ご希望の方はこちらへお問い合わせください。

 http://crowdfood.jp/contact

 

 

 


関連コラム

最近見た履歴


EXPO

食のつながりをデザインする

News & Release

▼ 2015/7/1 クラウドフードエキスポα版オープンいたします


会員登録についてエキスポとは?プロジェクトとは?