食の専門家

EXPO 専門家 コラム一覧 【食品展示会レポート】居酒屋 JAPAN 2017


【食品展示会レポート】居酒屋 JAPAN 2017

『居酒屋 JAPAN2017』の食品展示会の様子をご紹介いたします。

   日時:2017年1月18日(水)、19日(木) 10:00~17:00
   会場:池袋サンシャインシティ文化会館(東京都豊島区東池袋3-1)

   来場者数(同会場にて開催された「ミートフードEXPO 焼肉ビジネスフェア2017と合せて)
   1日目:10,603名 (昨年:9,797名)
   2日目:9,472名 (昨年:9,021名)
   合計:20,075名 (昨年:18,818名)

 


 

 

 池袋サンシャインシティ文化会館で開かれた『居酒屋JAPAN2017』

 大盛況にて終わったこのイベント、展示会場は大まかに

 ①食材、②店舗、③経営に関するカテゴリーに分かれていました。

 

  

 

 出展内容も食材をメインに、経営の合理化のためのシステム、厨房機器など

 幅広く、コンパクトにさまざまな情報を詰め込んだ展示会、あらゆるモノと

 コトを揃えており、開業から始まりその後の営業に必要な事を会場一回り

 すれば全て網羅できるのではという印象でした。

 特に経営者にとっては、会社が感じている悩みを解決できる手段が

 見つかりそうです。

 会場内では目的を定めて来訪している熱心な外食経営者や、

 仕入れ担当者が目につきました。

 

 

 特にこの展示会では、地方の埋もれている名産品を見ることができました。

 今回、四国は愛媛県、新潟県は糸魚川の出展が特に目を引き、そのブースは

 非常に賑わっており、生鮮の地方ならではの物を求める来場者の方が

 とても多かった印象を持ちました。

 

 

 【愛媛】

 

  

 

 四国伊予ジオパークとして認定を受けているだけあり、

 海の物、里の物、山の物と豊富でした。

 私が印象に残った食材は豆道楽の自家栽培豆腐、ハーブを

 ブレンドした飼料で育てたヒラメとタイ、青パパイヤ、ちりめん、

 柑橘ジュースです。

 まさに、『海・里・山』の物です。

 

 

 【糸魚川】

 

 北陸ならではの山の物、海の物の出品。

 変わったところでは地元の高校生が開発した鮭の魚醤。

 ブースに開発に携わった高校生が自らアピールしていたのも

 面白かったです。(写真は撮り忘れてしまいました。。。)

 素材の味を生かし臭みも気にならない魚醤。

 これからの行政との関わり方として、地元の高校と開発していくと

 いうのはお互いにwin-winであり、こういった取り組みは他県でも

 増えてきているそうです。

 

 私自身、このようにして高校生が地域食品に関わりアピールしている

 姿を見るのは、若い世代の地元愛を間近に感じられること、

 また若い世代の熱いパワーを感じる事ができ非常に幸せな、

 わくわくするような気分を味わいました。

 

 また他ブースには新潟県の地酒、真昆布うどんなど埋もれている

 名産が並んでいました

 

 

 展示会を周っていて、流れとしてはやはり「産地直送」が未だに

 メインとなっていると感じました。

 ほとんどの飲食店が卸業者を利用していると思うが、なかには

 生産者と直接交渉して、産地直送で仕入れている店舗もあります。

 産地直送といえば、「新鮮」「価格が安い」「店のブランディングになる」

 などの利点が想像できます。

 

 

  

 

 「居酒屋 JAPAN」という名前の通り、お酒の出展ブースも多数ありました。

 この度アピールしていたお酒はお酒好きにはたまらない物で、とても美味しく

 ぜひ通うお店に取り入れてほしいモノばかりだなと感じました。

 まだまだ知られていないお酒が日本にはいっぱいあり、発掘しどんどん

 広めていって頂きたいです。

 個人的にはクラフトビールブームと日本酒の盛り上がりは、まだまだ

 続きそうだなと感じました。

 特にクラフトビールでは宮崎県のひでじビールがPBの少ロッドで対応したり、

 花の舞酒造がインバウンド向けの純米吟醸酒を開発したり、

 今後の展開が楽しみです。

 

 

  

 

 ブルドックソースを始め、大鵬薬品工業、にんべん、サッポロビールなど

 大きなメーカーのオリジナル商品の中で、居酒屋に向けた提案も

 大変面白かったです。

 

 

 

 【まとめ】

 

 今回の展示会では、まさしく「生産者の顔が見える食材である」ということの

 大事さ痛感しました。

 飲食店の方々は生産者から直接仕入れることもでき、産直が

 増えているようです。

 直接取引する方法とコストパフォーマンスのバランスが取れ、今回見たような

 たくさんの商品が、もっと消費者に受け入れられると良いなと思いました。

 

 

 

***************************************************************************************

 

 食品製造工場の方、オリジナル(PB・OEM)商品の委託や

 開発・製造したい企業の方からのお問い合わせはこちらから

  http://crowdfood.jp/contact

 

***************************************************************************************

 

 

 


関連コラム

【唐揚げ委託製造工場まとめ】オリジナル(PB・OEM)商品を開発するポイント

2017/02/23

から揚げのPB・OEM・オリジナル食品を製造したい企業様向けの情報です。 外食企業(居酒屋、ホテル、旅館、料亭など)、通販会社、量販店などに商品を供給している製造工場をご紹介しています。

お父さんのおつまみ ビールが飲みたくなるおつまみ 和食 料理が簡単! 唐揚げ ジューシー 

下関 ふぐ 食品製造工場 まとめ

2015/09/27

下関にあるふぐ食品工場の商品をご紹介しています。 外食、量販店などの商品つくり、売り場つくりにご活用ください。 商品の「おまとめ提案」は、 運営者株式会社リンクアンドシェアまで お問い合わせ http://www.crowdfood.jp/contact *おまとめ提案とは、クラウドフードに登録されている  商品をジャンル別などでワンストップでご提案

和食 韓国料理 中国名産 日本酒に合うおつまみ 

最近見た履歴


EXPO

食のつながりをデザインする

News & Release

▼ 2015/7/1 クラウドフードエキスポα版オープンいたします


会員登録についてエキスポとは?プロジェクトとは?