食の専門家

EXPO 専門家 コラム一覧 【食品展示会レポート】秋田のおいしい食材商談会


【食品展示会レポート】秋田のおいしい食材商談会

2017/02/09

東北名産


『秋田のおいしい食材商談会』の食品展示会の様子をご紹介いたします。

   日時:2017年1月25日(水) 10:00~18:00
   会場:秋葉原UDX 2F

 


 

 

 2017/1/25に秋葉原UDXで開かれた

 『秋田のおいしい食材商談会』に出席しました。

 秋田県内の食品事業者や農業法人等が64社出展しており、

 秋田県最大級の商談会です。

 会場はコンパクトな分、各ブースの前を通ると試食を薦めてくれたり、

 じっくりと話し込める雰囲気がありました。

 出展者側が熱心にきちんと対応してくれるのも一つ要因だと思います。

 

  

 

 食の宝庫と評される秋田だけあって、お米や農産品はもちろん

 スイーツや発酵食品などの人気商品が勢揃いしていました。

 出展内容は食材がほとんどで、目立っていた食材は「米」、

 「秋田牛」、「比内地鶏」、「いぶりがっこ」、 「ハタハタ」、

 「菊芋」、「じゅん菜」、「卵などの加工品」などです。

 

 

 

  

 

 入場してすぐのブースには、いちじくの加工品を出展されていた

 『にかほ市いちじく振興会』様。

 「いちじく甘露煮」は秋田の秋の味覚で、ほっとする伝統的な

 スイーツです。

 秋田ではメジャーとのことですが、私は恥ずかしながらイチジクを

 生食する文化がないことを知りませんでした。

 秋田県にほか市大竹産のいちじくを100%使用し、水を使わず

 約6時間かけてじっくり煮込んでいる、手間ひまをかけた一品です。

 その他に「山ぶどう」も出展していました。

 最初に目につくブースで『今回初公開』の商品を味わうことができ、

 お客さんの目を引きつけることができるのは、なかなか嬉しい仕掛けです。

 

 

 

  

 

  

 

 続いて目についたのは特産、名産を生かした加工品です。

 秋田県の比内地鶏を使用した出汁や調味料、ホタテ飯の素、サラダ鶏の

 缶詰など、どのメーカーも知恵を絞り新商品を提示していました。

 

 

 

  

 

 大手会社への使用実績や雑誌での紹介事例を挙げ、積極的に

 アピールしている出展も多くみられました。

 消費者だけでなくバイヤーや取引会社へアピールするために、

 TVや雑誌などに掲載されることが果たす役割はまだまだ

 根強いなと感じました。

 タブレットPCがこれだけ普及していても、ネットでの事例や自社のHPを

 見せるなどの演出を行っている出展者さんは一人もいなかったです。

 

 

 

  

 

 商品力もさることながらパッケージにも力を入れているなどの

 こだわりを感じる商品も多数ありました。

 特に女性受けを狙った感じのものが多いのは印象的でした。

 

 

 

  

 

  

 

 OEMに対して積極的なブースもいくつかありました。

 話をしてみると「少ロットからできるのであればやってみたい」や

 「興味はある」との声が多かったです。

 写真のマヨネーズは500円という金額であることから、

 「スーパーに並べちゃうと他所に勝てないから、なんとかしたいなぁ」と

 話し、モノの良さは抜群だが価格と流通、需要と供給のバランスを

 考えさせられました。

 「あきたこまち」の生産者でブランド米を推している農家さんは、

 新規開拓に興味を示すものの生産量の関係もあり、ネットでの流通には

 二の足を踏んでいるようです。

 ただし展示会真っ最中にも関わらず不在にしているブースは、

 商談スペースにて積極的に商談をしているなどしっかり売込んでいる

 出展者もいました。

 

 

 

 

  

 

 菊芋から作ったお茶を出店していたのは『オフィスノリマキ』様。

 菊芋には血糖値上昇を防ぐ効果があるイヌリン成分、ミネラルの

 吸収を促進するフラクトオリゴ糖が含まれているそうで、食生活に

 取り入れやすいようにお茶として加工・開発した商品です。

 秋田は米どころ・お酒どころといったイメージからお酒の展示も

 期待していましたが、1ブースのみの出展でお酒好きの身としては

 残念な印象でした。

 

 

 

 まとめ

 

 県主催の展示会に行くと思うことですが、こういった場でしか

 見ることのできない食材との出会いはやはり毎回新鮮です。

 「秋田県産食材」の素晴らしさは、残念ながら全国の消費者に

 広く認知されているとは言い難いのが実情です。

 それゆえに秋田の生産者とともに積極的にPRし、まだ見ぬ食材が

 多くの人に広がっていけば良いと思います。

 

 

***************************************************************************************

 

 食品製造工場の方、オリジナル(PB・OEM)商品の委託や

 開発・製造したい企業の方からのお問い合わせはこちらから

  http://crowdfood.jp/contact

 

***************************************************************************************

 

 

 


関連コラム

【食品展示会レポート】美味いものどころ ふくしまの恵み 商談会2017

2017/02/09

『美味いものどころ ふくしまの恵み 商談会2017』の  食品展示会の様子をご紹介いたします。    日時:2017年1月12日(木) 11:00~17:00    会場:東京国際フォーラム

東北名産 

最近見た履歴


EXPO

食のつながりをデザインする

News & Release

▼ 2015/7/1 クラウドフードエキスポα版オープンいたします


会員登録についてエキスポとは?プロジェクトとは?